普通課程について

普通課程(長期訓練)は、認定職業訓練校が実施しています。
認定職業訓練校とは、都道府県の認定を受け、企業や事業所の従業員の能力開発・技術向上訓練を行うために設置された、教育訓練施設です。

大崎地域高等職業訓練校では、木造建築科(大工)と塑性加工科(建築板金)において、新しく入社した方や転職された方がそれぞれの職業に必要な基礎的技能及び知識を習得することを目的に、3ヵ年の職業教育訓練を行っています。

     

募集要項

大崎地域高等職業訓練校では、建築関係事業所で働く技能者に必要な専門知識と確かな基礎技術を習得させ、 国家検定資格を取得できる資質を養成することを目的とした、宮城県認定職業訓練「木造建築科」「塑性加工科」の訓練生を募集いたします。

訓練課程
訓練 普通課程 普通課程
科目 木造建築科 塑性加工科
期間 3年間 3年間

受付期間 12月1日から3月20日
入校資格
及び
募集対象者
下記条件をすべて満たす事業所に所属する従業員
・入校させようとする従業員は雇用保険被保険者又は労災特別加入者である
 こと
・入校させようとする従業員に受講期間中最低賃金を下回らず通常賃金を支
 払うことができること
・入校させようとする従業員に所定労働時間内に訓練を受講させることがで
 きること
・入校希望訓練科に該当する職種の職業訓練指導員免許保持者が事業所内に
 いること
・事業所が大崎地域職業訓練協会の会員であること
 (未加入の場合は会員として加入できます)
訓練職種 木造建築科(建築大工)、塑性加工科(建築板金)
訓練期間 3ヵ年(週1日・年間50日)
協会会員負担金 年会費3,000円(入会金1,000円)
授業料等 月額6,900円(入校金16,500円)

訓練修了時の特典
  技能照査に合格すると技能士補の称号が取得できます。
  2級技能検定を受験する際の学科試験が免除されます。
  受験資格の実務経験年数が短縮されます。

事業主(雇用保険加入事業所)への助成
 入校される従業員の方が雇用保険被保険者の場合、訓練期間中に「キャリア形成促進助成金」をご利用いただくことが可能です。 ご利用には、事前に管轄の労働局へ計画書をご提出いただきます。詳細につきましてはお問い合わせ願います。

募集案内

  訓練生募集案内 (PDF)

お問い合わせ

PAGE TOP